HOME  >  シグマブログ

2023.03.16

【知っトク!なっ納!給排水管保守Info】連載-3 赤水、青水って何なの?

  1. 1. 赤水

給水管の腐食によって発生する錆を伴った水を、赤水と呼んでいます。以前は、給水管に亜鉛メッキ鋼管が使われていました。これは、鋼管に亜鉛メッキを施したものですが、赤水の発生でこれまで、ホテル、病院などの、サービス業にとって大きな障害になっていました。それを回避するため、硬質塩化ビニルライニング鋼管が開発されました。現在、ほとんどのビルやマンションでは、この給水管が使われています。

しかし、継手には、ビニルが入っていないため、そこから錆が発生します。また、メーター廻りの異種金属接触によって錆が発生します。但し、最近の給水管では、継手がコア入り継手といい、中にビニルが入っていて防錆構造になっています。また、メーター廻りの異種金属対策も行われているものが多く出ています。

 

2. 青水

給湯器廻りには銅管が使われています。この銅管から銅イオンの溶出によって、水が青く見える現象を、青水と呼んでいます。青水は多くの場合、銅管内面に酸化第一銅が形成されて沈静化する現象のことです。

 

< 厚生労働省 金属の飲料水質基準 >

鉄………………0.3mg/L以下

銅………………1.0mg/L以下

亜鉛……………1.0mg/L以下

鉛………………0.01mg/L以下

 

次回は「錆(さび)の話し」です。

お楽しみに!


この記事へのコメント

お名前
メールアドレス
コメント

Categry

ARCHIVES